小学生のお小遣いとお金の使い方

お小遣いの話。
私は、小学校の高学年になってからお小遣いをもらうようになった。
たしか、学年×100円の金額だったような気がする。

だから5年生のころには500円をもらっていたと思う。

私が5年生のころに住んでいたところは、住宅街で歩いていけば大型のスーパーもあったけれど、だいたい買い物は親と一緒。
友だちとお買いものに行くことは、その年齢ではまだなかったのでお小遣いを使う機会もあまりなかった。

たぶん、親と出かけた時に欲しい本があったり、文房具があったら買っていたぐらいであまり使った記憶がない。

我が家の娘は小学校4年生。
我が家では学年+1×100円のお小遣いをあげています。
自分が子どもだったころに比べて物価もあがっているので、100円アップは仕方がありません。

とはいえ、やっぱり娘もショッピングはわたしと行くことが多いので、自分が欲しいものをひとつは自分でかっても、
結局はわたしやおじいちゃん、おばあちゃんに買ってもらうことの方が多いので、あまり自分のお小遣いを使うこともなく、しっかりと貯めています。

でも、子供のころからお金の使い方を覚えるのはとっても大切な事だと思っています。

自分のお金だからと言ってもらったらすぐに使い切ってしまうのは違うと思うし、かといって持っているお金は使わずに誰かに買ってもらおうっていうのもちょっとずるい気がしますね。

お金の使い方を学ぶのって結構難しいことですが、自然に自分らしく使えるようになってほしいなぁって思います。

«
»