グリーンジャンボ宝くじ 年末宝くじ

宝くじ当選発表の日に神棚の前で当たりますようにと願い、宝くじ売り場に持っていくと!3億円が当たった!!いままでになかったぐらいの喜びを声に出してヨッシャー!!っと言ってしまった。そして、これで車のローンや家の家財道具の交換、ボロボロになった衣服、くつ、カバン、穴の空いた傘、交換が出来る!銀行に行くと奥の部屋に通され誰にも見られないように銀行員の方々が現金をアタッシュケースに入れて持ってきてくれました。銀行員の方々におめでとうございますと言われて、思わずありがとうございますと返事をしました。銀行員の方から定期預金の話やクレジットカードなどの話をされましたが何も説明は覚えていません。
銀行員の方から現金で持っていくか、通帳などに振り込むか2沢を選ばさせてもらいさすがに現金で持っていくのは怖いと思い100万円ほと現金で渡してもらい、残りは通帳に入れてもらうように話をしました。
その後、車のローンや家財道具の交換、衣服の新品調達、そして、何年かぶり新しい靴や鞄、なんとも言えない靴の固さ、いままで着けたことも無かった腕時計まで買ってしまいました。それからまたしばらくときがたち、その年の確定申告の時期が来ました。いろいろと宝くじの収入や仕事の収入を合わせて手続きは完了しました。そして確定申告の結果が届き目を見開いて驚いてしまった、翌年に支払う税金が予想以上の額でとても払えないくらいの額になってしまっていた。宝くじの3億円はほとんど使いきってしまい、翌年支払いができなくなりに自己破産してしまいました。
ハッと気づくと布団の中で宝くじを握りしめて眠っていた自分がいました。なんとも言えない夢の話でした。

«
»