ロト7で当選してあと10年生きのびる

子供のころ、兄が突然、家の狭い庭を掘り始めました。
何してるのだろうと聞いてみると、もしかしたらお宝が埋まっているかもしれない、と言うのです。
なんだか夢のある話に興奮してしまい、自分も一緒に掘ることにしました。
半日くらい交代で掘り続けましたが、結局出てきたのは、石とゴミばかりでお宝には巡り合うことができませんでした。
ちなみに、掘った穴は、たまたま遊びに来た叔父がタニシを持ってきたので、それを飼育するためのとても小さな池になりました。
年を取って、そんなことをふと想い出し、何か夢のあることをやってみたいな、と思いついてしまいました。
学校を卒業して社会人になり、がむしゃらに働いて小さいながらも我が家を持つことができました。
ところが、思いもかけず、難病にかかってしまい自由に動けなくなってしまったのです。
うつうつとした日々を過ごしていましたが、子供のころの小さなエピソードを思い出し、また掘って今度こそお宝をゲットしよう。
しかし、穴を掘っていては生活できない。
そこで宝くじです。
ジャンボはずっと買っていましたが、かすったこともない。
そんなとき、ロト7が発売されました。
自分で決めた数字に期待して、もう何年も同じ数字を買い続けていますが、10,000円が最高です。
きっちり高額をゲットして、からだを動けるようにして、あと10年、家の庭に穴を掘って長生きして、子供のころ挫折したお宝に巡り合いたいなあ。
ロト7高額当選を目指せ
ロト7の当選番号速報の他にも予想や傾向のコンテンツが評判
www.hpfree.com/takarakuji/loto7.html

«
»