毎年4回発売される宝くじ

自分ではビギナーズラックで300円が7000円になった程度ですが、友人の体験談があります。
友人はその日落ち込むことがあり、一人で駅を歩いていました。
そんな時に、宝くじ売り場が目に入り、当時妊婦だった友人は妊婦は当たりやすいというジンクスを思い出し、なんとなく200円のスクラッチを買い、一人でその場で削るのは抵抗があったそうで帰路につきました。
電車のホームで削ってみたところ、なんと100万円の当選!たった1枚しか買っていないのに、と目を疑ったそうですが、何度見ても当選しているのです。
急いで引き返し「これ当たっていますか?」と確認したところ「おめでとうございます」と言われ、なんと何気なく買った200円の1枚のスクラッチが100万円になったのです。

宝くじが当たった際には、まず半分は貯金にまわします。
それは将来家を買ったり子供の教育費用にまわしたり、老後のお金にしたりと現実的なお金は計算して分けます。
そのあとは、まず欲しかった服やカバンやくつを思うままに買いまくりたいです。
いつもは値段をみて考えるものも、いつもは買えないブランドも、気に入ったものがあれば現金で全て購入するのが夢です。
そしてタヒチのボラボラ島に旅行にいきます。
ビジネスクラスでタヒチまで行って、憧れていた水上コテージに泊まり、リゾートを思う存分に楽しみたいです。
まとめると、今後の生活に必要なお金は十分に確保しつつ、あまったお金で旅行や買い物を思う存分に楽しみたいと思っています。

«
»