友達のパチンコライフが潔くてかっこいい

私はギャンブルを一切やりません。
非ギャンブラーから見たギャンブラーというのは一般的にあまり良いイメージがないと思いますが、ひとつの趣味として割り切って楽しめるなら全然いいと思います。
職業的ギャンブラーとなると、またちょっと話は違ってくるのですが・・・。

私の友達に、パチンコ好きの女性がいます。
彼女は、銀行で事務の仕事をしているのですが、仕事が休みになる土日はよくパチンコに行っているようです。
彼女のパチンコライフにはモットーがあります。
それは、「パチンコで儲けたお金はパーっと使う!」というものです。
いわゆる「宵越しの金は持たない」ってやつですね。
なんて男前でかっこいいモットーなのでしょう。

この前の土曜日の夕方、急に彼女から電話がありました。
長い付き合いなので、何の用事からすぐわかりました。
土曜日の夕方、彼女からの電話。
これは確実に、「パチンコ買ったから飲みに行こう」コールです。

私の予想は的中し、数時間後にはいつもの居酒屋で乾杯してました。
彼女、パチンコで勝つといつも奢ってくれるんです。
飲みに行く相手がいない時は、ブランドもののバッグを買ったり、高級食材やシャンパンを買ってきて家でのんびり祝杯を上げるそうです。
とにかく、パチンコでの儲けはすぐに使い切るという、なんとも潔いモットーの持ち主なのです。

そんな彼女も、さすがにいつもいつも勝つわけではありません。
負けたらどうするかというと・・・何もしないのです。
損した分パチンコで取り返そうとやっきになったりはせず、もくもくと仕事をするだけです。
完全に、パチンコを趣味として楽しんでいるのです。

私には、正直パチンコの楽しさはよくわかりません。
でも、彼女のパチンコの楽しみ方を見ていたら、パチンコもたまにはいいかなぁなんて思えるようになりました。
人に迷惑をかけることなく、自分で線を引いて楽しむパチンコ。
もし私がギャンブルをやるようになったとしたら、彼女のような楽しみ方をしたいものです。

«
»