自分の運勢を知りたいとき

良い結果が出たときは、そのおみくじを持って帰って、大事に取っておきます。
願いがかなったら、おみくじをひいたところに持って行って、神様にお礼を言います。
そうすると、また次もお願いごとをきいてくださいます。
良い方角の方に足を運び、そこで宝くじを買います。
寝ておきた時にパッと頭に浮かんだ数字を紙に書き出しといて、その紙の数字の宝くじを買います。
一回だけ当たったことがあります。
ロトなんかは、なかなか当たりませんが、おみくじの、結果がよければ買います。
宝くじ売り場の隣に小さな神社があり、そこにお参りしてから宝くじを買うと当たりやすいと言われています。
宝くじがあたったら、自分用の貯金。
子ども用の貯金。
マイホーム。
余ったら寄付をしたいです。
金運がよければ、いろんな事を妄想し、宝くじを買って当たる夢を見ます。
とても良い夢です。
それが叶えば良いなといつも おみくじを引きます。
金運がよくても他の項目がダメな場合もあります。
そのときは、おみくじを引いたところに、結んで帰ります。
よく良い結果のおみくじも結ぶ人がいますが、それは間違いです。
良かったら持って帰ってください。
そして、財布に入れて大切にします。
するといつのまにか、宝くじがあたっていたりします。

«
»